忍者ブログ

やっと高校生になって、ゆとり感が抜けたブログ。サブカル中心とした学校生活を送ります。過度な期待をしてやってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 時刻は既に午前零時。どんちゃん騒ぎも、時間が経つにつれて静かになり、さすがの俺たちも酒が入っていたせいか、眠気には勝てず、明日も学校があるという事で、パーティーはお開きになった。
 敦志と瑞樹、それに蘭子さんはあんだけ騒いだにも関わらず、とても賑やかに話ながら帰って行った。絵莉菜も片付けを終えると、隣の自分の家に帰っていった。未由は案外お酒に弱いタイプなので、完全に眠り込んでしまい、その後の処理は姉貴に頼むことにした。
 そして俺は、凜が気持ち悪いといって今にも吐きそうだったため、凜をおんぶして外の空気を吸ってくることにした。
「凜、大丈夫かー?」
「う~ん、きもちわる~い」
「おいおい、本当に大丈夫か?」
「もう少しおんぶして~」
 凜はさっき以上に俺の背中にがっしりとしがみついた。
「一応聞くけど、お前、本当に気持ちが悪いんだよな? まさかおんぶ目的の芝居じゃないだろうな」
 ――ぎくっ!――
「ち、違うよ~。本当に気持ち悪いんだってば~」
「ま、未由もいないし、今日ぐらいはいいか。凜、本当に楽しそうだったしな」
 少しの間、俺と凜に静かな時間が流れた。夜の住宅街の明かりが、幻想的に目に映った。
「今日はありがとう、お兄ちゃん」
「なんだよいきなり」
 俺と凜の言葉だけが夜の街に響く。他の音は何一つ聞こえない。
「こんなに楽しかったのは久しぶりだったな。やっぱりここに戻って来てよかったよ。お兄ちゃんや絵莉菜ちゃん、それに未由ちゃんと会えて……」
「そりゃ良かった。あ、ところでさ、朝も聞いたけど、どうして突然こっちに戻ってきたんだ?」
「……………………」
 返事がない。振り返ってみると、いつの間にか凜はぐっすりと眠っていた。
「やっぱり凜は、まだまだ子供だな……」
 なぜだろうか。凜の寝顔を見ていると幸せな気分になってくる。空を見上げると今日は空気がほどよく乾燥しているせいか、晴れ晴れとした夜空には満天の星々が輝いていた。その光景が尚更、俺の気分を良くさせた。
 ――さすがにずっとおんぶしてるのも疲れるな。ちょうどベンチもあることだし、少し休憩するか――
 昼に見た桜とは、また雰囲気が違う夜桜が、夜風で美しく舞い上がっていた。通りにひとつポツンと佇んでいるベンチに腰を下ろすと、凜を起こさないようにゆっくりと背中から降ろし、自分の隣に座らせた。
「ふあぁ~。ヤベ、俺も眠くなってきたな~。よし、そろそろ家に戻るとするか」
 そう言ってベンチから立ち上がろうとした瞬間、急に強い風が吹いた。そして、それと同時に鍵士は何者かの気配を感じた。
 ――何だ、この気配……? よく分からないけど、この感じ……、嫌だ……!――
 何故だろうか。恐ろしいほどの嫌悪感が俺の心を満たしていく。風邪でもないのに、背筋が凍るように寒気が襲い、身体中が熱く苦しい。汗もどんどん噴き出してくる。
 不意に坂道の方に何者かの強烈な視線を感じた。その視線の主を知るため、重たい身体をゆっくりと動かしながら、坂の上へと目を向けた。
 するとどうだろうか。暗くてよくは見えないが、坂の上には確かに人らしき影が見える。
 ――誰なんだ、あれ?――
 その時、坂の上にいた影が一瞬にして、フッと消えた。
「えっ!?」
「シュッ!」
 あり得ない事だった。坂の上にいた人影が、一瞬にして目の前に現れ、さらにその人影から一本の腕が伸び出てきて、俺に向かってナイフらしき刃物が突き出された。
 普段はそこまで反射神経のよくない俺だったが、とっさの攻撃をかわし、一時的に危険からは回避することに成功した。
「な、何なんだよ!? どうなってんだ!?」
「チッ」
 その人影は舌打ちすると、少し後ろへとジャンプして下がった。その動きは、人とは思えないほどの俊敏生だった。
 するとようやく月明かりが差してきたことで、その人影の姿をはっきりと見ることが出来た。その姿は、俺より少し大きいぐらいの高校生のような風貌で、全身紺色の服を身に着けている。顔は少し細めで長く、首までの鋭い黒髪が夜風で揺れていた。ただ、何故か目隠しを付けているところが不自然だった。
「誰だよ、お前! いきなり斬りつけてきて!」
 すると男は静かにその唇を動かしながら言った。
「俺か……。そんな事、お前が聞いてどうする? これから死ぬお前にな!」
 またしても男の身体が素早く動き、手に持ったナイフがその動きと同じ軌道を描き、俺へと襲ってくる。
 ――こいつ、本気で俺を殺そうとしてる……! でも、なんで!?――
 そんなことを考える暇さえ与えず、男のナイフは間を空けずに、そして正確に俺の身体を狙って斬りつけられる。しかし、自分でも不思議なくらい、そのナイフの軌道をしっかりと目で追えている自分がそこにいた。さらには身のこなしまでいつもより軽く感じる。そのおかげで男の斬撃をギリギリながらもかわすことができている。
「ほう。やはり噂に聞くだけはある。が、所詮はかわすので精一杯か……。それでは、これならどうする、久遠鍵士!」
 さっきよりもさらに斬撃の速度が上がった。さらに攻撃のキレまで上がったように、空を切り裂く音までも聞こえてくる。
 ――速い……!――
 だがこんなところで殺されるわけにはいかない! 懸命に男の攻撃の回避に全神経を注ぐ。それでも間一髪でなんとかかわすことしか出来ない。
 ――マズイ、このままじゃ、俺が殺られるのも時間の問題か……――
「終わりだ」
 男が鍵士の目線から一瞬にして消えた。
「消えたっ!?」
「ヒュッ」
 男は高速移動により瞬時に鍵士の背後へと回った。
「後ろ!?」
 だが、気付いたときには男のナイフが鍵士の身体へと突き刺さる寸前だった。
「スパッ!」
 その斬撃の素早さに鍵士の身体は追いつくことが出来ず、鍵士の髪の端の数本がナイフによってスッパリと切られ、地面へと落ちた。
「うわっ!」
 あまりにも身体への負担が大きかったために、鍵士はバランスを崩してしまった。男はその隙を見落とすはずもなく、鍵士の腹に蹴りを入れた。
「フン」
「ぐっ!」
 男の蹴りの威力は想像以上に凄まじく、怒ったときの未由の蹴りとは比較にならないほどの重さ、そしてまさしく殺人的な鋭さがあった。
「ズドン」
 軽々しく蹴り飛ばされた鍵士は、そのまま電柱へと叩き付けられた。
「くはっ……!」
 叩き付けられた衝撃が身体の芯まで伝わってくる。あまりの激痛に、思わず吐血してしまった。もはや俺には呻き声をあげることしか出来なかった。

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ なんかもう高校生…
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
◎ べ、別にクリックして欲しいわけじゃないんだからね!
◎ コメントですね、わかります。
[08/10 あや]
[09/22 逆援助]
[09/22 出張ホスト]
[09/22 SEX]
[09/22 痴女]
◎ 管理人は何者?
HN:
音瑚まろん
性別:
男性
職業:
高校生を主にやってる
趣味:
PCゲーム、QMA、他サブカル全体。あと、エ〇ゲ。
自己紹介:
嫁:ふたみたん(byいつか、届く、あの空に)
  関羽さま(by恋姫†無双)
本日のオカズ:ヤンデレやメイド、最近メカ娘にも手を出し始めたようだ
好きなPCゲームw:いや、これといったものはない。浅く、広く、鬼畜を除く
崇拝する絵師:萌木原ふみたけ


◎ 自重すべきスペース(笑)
◎ 管理人の攻撃力
◎ 最新トラックバック
◎ ブログ内検索
◎ アクセス解析
◎ ブログパーツ
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]