忍者ブログ

やっと高校生になって、ゆとり感が抜けたブログ。サブカル中心とした学校生活を送ります。過度な期待をしてやってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 いつも通り、今日も夜は来る。
 街は夜遊びをする若者や帰りがけの会社員でごった返している。その中をかいくぐるように俺は今日もこの街を徘徊する。
 何故、こんな時間に街を徘徊せねばならないのか……。これは俺の宿命であり、使命であるからだ。

 ――ん……、あれか――
 目線の先には一人の会社員と思われる男が映っていた。男は路地裏近くの自動販売機の前で煙草をくわえながら佇んでいる。一般人から見れば何らおかしい光景ではない。むしろ、どこにでもありふれた光景のはずだ。
 だが、鍵士には、今自分の瞳の中に映し出されているのが、人ではないと既に分かっていた。姿は人間だとしても、中身は違うと知っているのである。
「目標確認。間違いないよ、あの男、『世界の残骸』だよ」
「じゃ、狩るとしようか。エクス、行くぞ」
 そう言うと鍵士は男の方へ向かって走り出した。それに気付いた男は、すぐさま路地裏へと逃げるように駆けだした。
「逃げるつもりかよ、俺から」
 鍵士は逃げる男の背中を見据えながら呟いた。
 とうとう男は路地裏の行き止まりに辿り着いてしまった。これでは逃げ場などどこにも存在しない。
「たく、面倒かけさせるんじゃねえよ」
 ようやく鍵士は男に追いついた。男は完全に袋の中の鼠となってしまっている。
 すると突然、男の手が変形し、完全に人ではない、禍々しい黒さを放つ手へと変わっていた。
「やっと本性を現しやがったか。それじゃあ、おとなしく消えてもらおうか! エクス、」
「わかった! 鍵士、いくよ!」
 今度は鍵士の手が光り始めた。かと思うと、次の瞬間には鍵士の手中には、長く鋭く、そして重厚感のある剣が握られていた。
「ウアアアアアァァ!」
 男はその黒く奇妙な手を構えながら、鍵士の方へと突進した。
「さあ、来いよ。お前のその手、真っ二つに引き裂いてやるよ!」
 その時、男の腕が伸び、鍵士を襲った。
「チッ、かすり傷だ」
 男の手は鍵士の脇腹を完全に貫通しており、そこからは真紅の血が脈々と流れ出している。
「グルルルル!」
 なおも男の、いや化け物の攻撃は止まることなく、徐々にスピードを上げながら鍵士へと襲いかかった。だが、鍵士もその速さでその攻撃の一つ一つをかわしていた。化け物の攻撃によって、路地裏の
電柱は完全になぎ倒され、コンクリートの地面には至る所に亀裂がはしっていた。
「大丈夫、鍵士?」
「ああ、大丈夫だ。どうやらヤツの腕は伸縮可能らしいな。おかげで破壊力はともかく、動きがまるで読みにくい。だが、動きのパターンはどうやら単純なようだ」
 その瞬間、鍵士は余裕の笑みを浮かべた。
 ――終わりだ――
 殺し合いの局面は突然変わる。鍵士は化け物から繰り出される攻撃を完全に読み切り、さらに瞬時に腕を斬り落としたのであった。
「グアアアアァァ!」
 化け物はその場で斬り落とされた腕の部分をおさえながら、苦痛にもがき苦しんでいた。
「成仏しな、お前はこの世界に在るべき存在じゃない」
 鍵士は剣を右手で掴むと、それを化け物の身体へと垂直に突き刺した。そしてその化け物が形を失うまで切り刻んだ。化け物からは淡々と血が噴き出し、その血は鍵士の身体に付着する。大量に。
 だがやめることなく、ひたすら化け物の肉体を刻み続ける。肉片一つ、残らぬまで。その姿はまさに狂気の殺人鬼のようだ。だが、これは殺人ではない。人外を殺しただけなのだから。彼はいわゆる処刑人のような役割を務めただけであり、ただそれだけなのである。

 夜が明けつつあった。少年は血でべっとりと濡れた洋服のまま、自分の家へと向かっていく。
 そして朝がくれば、ごく普通の高校生活を送る。それが彼、久遠鍵士なのである。はたから見れば、やはりただの高校生なのである。家族もいれば、友達もいる。そんな普通の高校生が何故、こうなったのか。この非日常的世界へと足を踏み入れたのか。
 全てはこれより約一週間目に遡る……。
 
 そして今日も夜は来る……。

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ kkmvuecdhiqjejuvcpu

kkmvuecdhiqjejuvcpu

URL 2007/09/05(Wednesday) 03:59:54
◎ なんかもう高校生…
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
◎ べ、別にクリックして欲しいわけじゃないんだからね!
◎ コメントですね、わかります。
[08/10 あや]
[09/22 逆援助]
[09/22 出張ホスト]
[09/22 SEX]
[09/22 痴女]
◎ 管理人は何者?
HN:
音瑚まろん
性別:
男性
職業:
高校生を主にやってる
趣味:
PCゲーム、QMA、他サブカル全体。あと、エ〇ゲ。
自己紹介:
嫁:ふたみたん(byいつか、届く、あの空に)
  関羽さま(by恋姫†無双)
本日のオカズ:ヤンデレやメイド、最近メカ娘にも手を出し始めたようだ
好きなPCゲームw:いや、これといったものはない。浅く、広く、鬼畜を除く
崇拝する絵師:萌木原ふみたけ


◎ 自重すべきスペース(笑)
◎ 管理人の攻撃力
◎ 最新トラックバック
◎ ブログ内検索
◎ アクセス解析
◎ ブログパーツ
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]