忍者ブログ

やっと高校生になって、ゆとり感が抜けたブログ。サブカル中心とした学校生活を送ります。過度な期待をしてやってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鍵士たちがいなくなった通学路で、その二つの影は話していた。二つの影の内、一方は男、もう一方は女のようだった。
「――なるほど、あれが久遠鍵士……」
 男の方が静かに呟いた。男の背丈はちょうど鍵士より若干大きいぐらいで、全身紺色の服を身に纏っていた。
「聞いていた話では、奴が『選ばれし者』らしいが、見るからに普通の高校生ではないか」
 男の髪の毛が風で揺れた。男の目には何故か黒い目隠しが付けられている。
「そう見えるだけよ。実際に殺り合わなければ『選ばれし者』かどうかは分からないわ。そうでしょ、リリューク? いいえ、人間界では桐夜という名前でしたっけ?」
 女の方は黒いマントが全身を覆っているため、顔までは分からない。ただ、背中には、銀色に輝く巨大なハンマーらしき武器が装備されている。
「どちらでもいい! とにかく今夜、俺は事を実行させてもらうぞ、ブリュンヒルデ」
「やめてよ、そんな古い名前で呼ぶの。今は人間風に千彩と名乗ってるの。それで、本当にあなた一人でいいわけ?」
「もちろんだ。奴を見る限り俺一人で十分すぎるぐらいだ」
「まあ、いいけど。せいぜい『概念の主』の一人として頑張ってね。『最弱の主』なんて汚名、さっさと消したいんでしょ」
 すると突然、男が手からナイフを出すと、女の首筋に突き付けた。
「あら、随分と血気盛んね。そんなに気に障ることだったかしら、『最弱の主』?」
「黙れ! 貴様には分からんだろうな、俺がどれだけその言葉に苦しめられてきたか!」
 男は持っていたナイフを女の首に振りかざし、その首を一瞬にして切り落とした。だが、普通の人間なら死んでいるはずなのに、女は生首の状態のまま、なおも話し続ける。
「そんなことしても私たちには無意味なことぐらい、あなたもよく知っているでしょう?」
 女の首のナイフで斬られた痕からは、大量の生々しい血が流れ出し、道路のコンクリートを真紅に染めている。するとどうだろう、頭が無くなっている女の胴体から、新しい首が再生し始めている。そして気付いた頃には、完全に女の頭はさっきと同じようにくっついている。
「いくら私でも、再生時間に10秒くらい要するのよね」
「俺は確かに『最弱の主』として呼ばれてきた。俺の攻撃は他の『概念の主』には致命的な傷すら負わせることもできない。ましてや、『概念破壊』の能力を持たざる人間にさえ、俺は殺される可能性がある。まさしく俺は不完全な存在だ」
 男は手に持っていたナイフを、女の目の前へかざした。
「何? そのナイフがどうかした?」
「俺はな、この百年間、せめて人には脅威となるべき存在になろうと、『殺人』の能力を磨いた。そして見出したのさ、独自の殺人術というものをな」
「なるほどね。人間ならば、『殺人』という方法を行使すれば簡単に破壊できる。だから独自の殺人術を編み出した。これなら人間という条件をもつ存在なら何の問題もなく破壊できる。そう言う事ね」
「ああ、つまり今の久遠鍵士ならば、本来の俺の力を出さずとも簡単に殺せるというわけだ」
 そう言うと男の手からナイフが消えた。どうやらこのナイフに実体は無いらしい。
「まあ『殺戮機械』ってところね。せめて『影縛の躁牙』の名を恥じぬようにね、ってもう行ったの」
 すでに男の姿は無く、道路には女一人だけが佇んでいた。
「私も、彼が失敗したときに備えて準備を進めるかな」
 そう言って、その女は姿を消した。今や道路には誰一人して、人の影は無い。
        *     *     *
「ただいまー! 未由、いるか~?」
 たしかに玄関には未由の靴はあったが、リビングの電気は点いておらず、静まり返っており、未由の姿も無かった。
「未由ちゃんいないの?」
 相変わらず俺の背中に乗っている凜が、ひょいと頭を出し、首をかしげながら言った。
「おかしいな、玄関には未由の靴もあったし、郵便物も取ってあったし。もしかしたら上の部屋にいるのか?」
 凜を背中に乗せたまま、二階への階段を上り、未由の部屋へと向かった。
「コンコン」
 ノックをしたが中から返事はこない。
「おっかしいな? 未由、入るぞ~」
 ドアを開けた。未由はそこにいるはず無いと思っていた。だが、目の前にはたしかに未由がいた。
「え、お兄ぃ!? それに凜ちゃん!?」
「み、未由、その格好……」
 あまりにもタイミングが悪かった。未由の姿は、上が制服、下が下着。つまりは着替え途中というわけだ。
「………………」
 数秒間、部屋の中に沈黙が流れた。そしてその沈黙は未由ではなく、先に凜が破った。
「なんていうかさ……、こういうシーン、よくラブコメである展開だよね。状況的にはどっちかって言うと修羅場だけど……」
 ――なんだ、その表現は? でも凜の言うとおり、この状況は結構ヤバイかも……――
 下を向いて震えていた未由が、凜の言葉によって吹っ切れたらしく、右腕の拳を振り上げながら、目を光らせ言った。
「お兄ぃ~、覚悟は出来てるよね~? 大丈夫、おとなしくしてれば一発ぐらいで勘弁してあげるから」
 顔は笑っているが、完全に兄撲殺オーラが漂っている。これはマズイと、俺の本能が訴えかけてくる。凜はそんな光景をただニヤニヤと笑いながら見ているだけだった。凜にとって鍵士と未由の兄妹喧嘩は嬉しい限りだからだ。
「いや、これはだな、未由……。決して覗くとかそういうつもりじゃなくて、だから、そう! お前がリビングにいなくて、捜していたらたまたま……」
「問答無用!」
 未由の拳が顔面に直撃した。
「グハッ!」
 そのまま床に倒れ込んでしまった。
「おお~、ぱちぱちぱち。未由ちゃん強~い!」
 倒れている俺を尻目に、凜は未由に賞賛の拍手を送った。
「さて、凜ちゃん。いったい何故ここにいるんですか?」
「それについては俺から説明する……」
 鍵士は痛みに悶えながら、ゆっくりと立ち上がった。
「実はな、凜、今夜泊まる家が無くてな。それで、凜一人でホテルに泊まらせるわけにもいかないだろ? それで住む家が決まるまで俺たちの家に泊めてやろうと思ったんだ。いいだろ、別に?」
 凜はコクコクとうなずきながら俺の話を聞いており、未由も少し悩んだ様子で聞いていた。
「なるほど。一応、お兄ぃの意見は分かった。凜ちゃんをたった一人でホテルに泊まらせるのはちょっと無理な話だもんね。だけど……」
「お願いします、未由ちゃん!」
 凜はペコリと頭を下げながら必死に頼み込んでいる。ここは俺もそうするべきか。
「俺からも頼む、未由!」
「うっ……」
 未由が一瞬ひるんだ。何故ひるんだのかは分からないが。
「二人とも顔上げてよ。私はそこまで非道い人間じゃないんだから。わかった、当分の間、凜ちゃんをこの家においといてもいいよ。その代わり、何かあったらその時は、お兄ぃ。覚悟しておいてね」
「はい、わかりました!」
 未由の最後の言葉だけが俺を不安にさせた。未由はまったく問題ないと考えているようだが、いつものことだ。確実に何か起きるに違いない。
 中学時代、初めて凜がこの家に泊まった時のことだが、俺が風呂に入っている時、勝手に凜が風呂に入ってきてしまい、さらにそこを未由に見られてしまったのだ。もちろんその後、思い出すのも恐ろしいほどに未由に殺されかけた。ちなみにその時は、四十八時間耐久拷問レース! というのは冗談だがそれ位の事をされた。
「実はさ、もう一つ報告しないといけない事があるんだ」
「そう! 大事なホ・ウ・コ・ク!」
「まだ何かあるの?」
「今日さ、新学期初日と凜の転入祝いってことで、この家でパーティーやろうって事になったんだ。それでみんなを呼ぼうと思うんだが、どうかな? 未由は賛成か?」
 未由は驚いたようだったが、すぐさま返事をした。
「賛成も何も、それなら早く準備をしないとダメでしょ! リビングだって散らかってるし、料理もたくさん用意しないと!」
「料理なら、今、絵莉菜が食材を買いに行っているから、大丈夫だ。きっと」
「絵莉菜さんだけに大変な思いをさせるわけにはいかないでしょ! それじゃあ私は料理の下準備するから、お兄ぃはリビングの片付け、凜ちゃんは部屋の飾り付けを!」
「了解☆」
「よっしゃ、いっちょやるか! そうだ、敦志と瑞樹にも連絡しておかなくちゃな」
 鍵士、未由、凜の三人はそれぞれの役目を果たしに、一斉に散った。パーティーまで、残り一時間。

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ なんかもう高校生…
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
◎ べ、別にクリックして欲しいわけじゃないんだからね!
◎ コメントですね、わかります。
[08/10 あや]
[09/22 逆援助]
[09/22 出張ホスト]
[09/22 SEX]
[09/22 痴女]
◎ 管理人は何者?
HN:
音瑚まろん
性別:
男性
職業:
高校生を主にやってる
趣味:
PCゲーム、QMA、他サブカル全体。あと、エ〇ゲ。
自己紹介:
嫁:ふたみたん(byいつか、届く、あの空に)
  関羽さま(by恋姫†無双)
本日のオカズ:ヤンデレやメイド、最近メカ娘にも手を出し始めたようだ
好きなPCゲームw:いや、これといったものはない。浅く、広く、鬼畜を除く
崇拝する絵師:萌木原ふみたけ


◎ 自重すべきスペース(笑)
◎ 管理人の攻撃力
◎ 最新トラックバック
◎ ブログ内検索
◎ アクセス解析
◎ ブログパーツ
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]