忍者ブログ

やっと高校生になって、ゆとり感が抜けたブログ。サブカル中心とした学校生活を送ります。過度な期待をしてやってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「どうした、お前ら、元気がないぞ? それでも高校生か! そこで喧嘩している二人、えーと、確か一之瀬と瑞樹か、
二人ともまさしく『青春』を謳歌しているようじゃないか!」
 ――おーい、先生ー。それは多分間違ってるぞー。どう見てもこの光景は何の変哲もないただの喧嘩だろ……――
「あ、あの、雪乃先生……」
 突然、絵莉菜が声を発した。普段、自分から話すことが滅多にない絵莉菜が、いきなりこの状況で発言するとは予期せぬ
事態だった。
「ん? なんだ、絵莉菜?」
 雪乃先生もこのタイミングに絵莉菜が発言するとは思わなかったのだろう、不意打ちをくらったように驚いた様子だった。
「あと五分で始業式始まっちゃうんですけど……」
「なにー!?」
 雪乃先生、そしてクラスの生徒たちがその言葉に驚いて、教室の時計をすぐさま目を向けた。もちろん俺も。
 確かに時計の針は既に始業式五分前、いやわずかにそれを過ぎている時間だった。
「ま、マズイわ! みんな、早く体育館に行って頂戴!」
 それを聞いたA組の生徒達は、慌ただしく教室を出て行った。
「先生、この二人はどうするんですか?」
 今の先生の声すら聞こえていなかったらしく、依然として二人の喧嘩は続いていた。
「まだやってんの!? もう、仕方ないわねー。ほら、二人とも、いい加減にしなさい!」
 鍵士と絵莉菜、喧嘩真っ最中の敦志と瑞樹、そして雪乃先生のたった五人しかいない教室に、彼女の恐ろしいほど大きな
部屋中に声が響き渡った。
 そのあまりの声の大きさに、敦志と瑞樹の二人は、ぽかんと口を開けたまま止まってしまった。俺と絵莉菜も、雪乃先生の
迫力には正直驚いた。どうやら噂は本当らしい。
「は、はい……! すぐ体育館に向かいます!」
 そう言うと敦志と瑞樹の二人は、すごすごと教室を出て行った。
「ねえ、鍵士君。あの二人をこんなにも簡単に素直に従わせるなんて、雪乃先生ってすごいね」
 絵莉菜が俺の耳元で小さく囁いた。
「ああ、こんな先生、いまだかつて見たことねえよ……」
「おい、久遠、それに如月!」
 今度は俺らの方を向いて、大声で叫んだ。
「ハイッ!」
「君たち二人は、そこらじゅうに散乱しているプリントを責任持って、今すぐ回収し、机の上に一枚残らずそろえて置いて
おくこと! いいわね!」
「了解しました! 今すぐ片付けます!」
 即座に二人はどこぞの軍隊の、上官の命令を受ける兵士のように敬礼の構えをした。
「あと、言い忘れたけど始業式にはちゃんと参加しといてね。それじゃあ」
 ――んなのムリに決まってんだろ! 俺と絵莉菜で残り三分でどうやって片付けろっていうんだよ!――
「あら、何か言いたそうね、久遠鍵士? 言いたいならどうぞ、遠慮せず言ってご覧なさい?」
 言葉は優しげでも、その形相は、一言でも文句を言えば、どのような目に遭わされるか、というような顔だった。これでは
本音を言いたくても、言えるはずがない……。
「いいえ、何でもありません!」
「そう、じゃあそういうことで。あとヨロシク!」
そう言って、雪乃先生は教室を出て行ってしまった。教室に取り残されたのは、俺と絵莉菜の二人だけ。
「バタン」
 教室のドアの音が俺の心に強く響いた。
「でもまだ、三分もあるし、鍵士君と一緒なら私、心強いな。だからさ、頑張りましょう!」
 いつも笑顔を絶やさない絵莉菜。それはこのような状況でさえも言える。この笑顔を出されてはやるほかない。
「そうだな。絵莉菜の言うとおりかもしれん。そんじゃ、いっちょやりますか!」
「うん!」
 絵莉菜と一緒にいられる時間がこんなにも楽しく、そして嬉しいとは思わなかった。やはり俺の好きな人は絵莉菜、彼女しか
考えられない。そう再び噛みしめた。
 ――こりゃ、雪乃先生にも感謝しておかなきゃな……――
       *     *     *
 死に物狂いでプリントの片付けをしたおかげか、なんとか三分以内で終えることが出来た、俺と絵莉菜は、すぐさま始業式の
行われている体育館へと急いだ。
 だが着く頃には、既に学園の生徒で体育館は溢れかえっていた。
 うちの学園の体育館なのだから、やはりとてつもなく巨大で、東京ドーム三個分に匹敵するという。たしか東京ドーム一個分の
収容人数は約四万五千人だというので、単純計算で、この体育館には十二、三万人強の人数が収容できるということか。しかし
それだけ広いこの体育館が満員状態なのだから、うちの生徒の数もそれに比例して多いということが分かる。もはや学校の常識を
超越しているとしか言いようがない……。
「でも、やっぱりスゴイよね、私たちの学校って。毎年この光景は見てるけど、やっぱり慣れないね。それで……」
 絵莉菜はあたりをキョロキョロと眺めた。どうやらA組の場所を探しているらしい。
「どこに高二A組の場所はあるのかな?」
 絵莉菜が困ったような顔で聞いた。そうは尋ねられても、俺に出来ることなどない。
「いや、これじゃ、生徒が多すぎて、探そうにも無理だな」
「チャララ、ラッララ~♪」
「あ、私のケータイ鳴ってる!」
 突然流れたそのへんてこなメロディは、絵莉菜の制服のポケットの中に入っていた携帯電話の着信音だった。
「もしもし。あ、瑠璃ちゃん! うん、そう、今どこにA組がいるかで困ってた所なの」
「瑞樹からか?」
 絵莉菜はコクッと頷いた。
「わかった、そこに行けばいいんだね。ありがとう、瑠璃ちゃん! え、鍵士君? うん、一緒にいるよ。え、うん、代われば
いいんだね」
 そう言うと絵莉菜は持っていた携帯を俺の手に渡した。
「なんか瑠璃ちゃん、鍵士君に話があるんだって。何だろうね?」
「さあな。まあいいや、もしもし?」
PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ 無題

こういう文字の羅列だけってのもな…

何か画像とかアクセント入れたらいいんジャマイカ?

settan 2007/07/18(Wednesday)00:02:31 Edit
◎ Re:settanサマ

画像って、小説に画像なんてないんだけど……。
しいて言えば挿絵だが、そんなもの俺の小説には今のところないw

まあ改善の余地ありってことだなw

【2007/07/1800:22】
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ なんかもう高校生…
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
◎ べ、別にクリックして欲しいわけじゃないんだからね!
◎ コメントですね、わかります。
[08/10 あや]
[09/22 逆援助]
[09/22 出張ホスト]
[09/22 SEX]
[09/22 痴女]
◎ 管理人は何者?
HN:
音瑚まろん
性別:
男性
職業:
高校生を主にやってる
趣味:
PCゲーム、QMA、他サブカル全体。あと、エ〇ゲ。
自己紹介:
嫁:ふたみたん(byいつか、届く、あの空に)
  関羽さま(by恋姫†無双)
本日のオカズ:ヤンデレやメイド、最近メカ娘にも手を出し始めたようだ
好きなPCゲームw:いや、これといったものはない。浅く、広く、鬼畜を除く
崇拝する絵師:萌木原ふみたけ


◎ 自重すべきスペース(笑)
◎ 管理人の攻撃力
◎ 最新トラックバック
◎ ブログ内検索
◎ アクセス解析
◎ ブログパーツ
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]