忍者ブログ

やっと高校生になって、ゆとり感が抜けたブログ。サブカル中心とした学校生活を送ります。過度な期待をしてやってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

話が終わると同時に、体育館にいた生徒達がいっせいに囁きあった。
「ねえ、副生徒会長って蒼花先輩じゃなかったの?」
「フランス人か~。どうりでスタイルいいし、瞳の色とか違うんだー」
「どうやって選ばれたのかな? やっぱ生徒会の投票で?」
「いや、それだったら生徒会でも権限のある水島蒼花じゃないのか?」
「それがさ、学園長直々の任命だったらしいよ、彼女」
「あとさ、噂だから信憑性は低いけど、彼女の家、フランスではかなりの名門の家柄らしいよ!」
「じゃあ、お嬢様ってこと! どおりで私たちとは雰囲気が違うっていうか、気品があるよな」
 様々な言葉が生徒達同士の間で飛び交っていく。
「高校二年生だって、鍵士君! あのフレアさんって人、同じクラスになるかもしれないね」
「俺はてっきり三年生かと思ったが。でもあの留学生、何者なんだ?」
「ともかく我々にとっては最高のプレゼントだな、なあ鍵士! あんな美人な留学生が同じ学年だなんて、こりゃさっそく携帯のメアドを
聞かなくてな!」
「いや同意を求められても困るから。第一、お前以外にもあのフレアってやつを狙ってる男子、どうやら多いぞ」
 俺が言ったことは事実で、
「彼女、マジ可愛くない?」
「ああ、俺ナンパしてみようかな」
などなど、敦志と同じ考えを抱いている男子は、どうやら腐るほど多くいるようだった。
「まったく。これだから男子ってのは単純なのよね~。急に真新しい、少しばかりカワイイ女子が編入してきただけで、こんなにも
騒いじゃって。ホントあきれちゃう」
「でもほんとに綺麗だよ、あのフレアさんって人。鍵士君はどう思う?」
「え、俺か!? えーと……」
 この絵莉菜の質問にどう答えていいものやら。確かにあのフレアって女子が可愛いとは思うが、それを絵莉菜の面と向かって話していいの
だろうか。自分の好きな人の前で、他の女子を可愛いなどと言うのは、マズイのではなかろうか……。
「あー、うん、俺も同感だが、でも俺にとっては絵莉菜の方が可愛いと思うけどな……」
「え、あ、そ、そうなんだ……」
 さすがにこれは積極的過ぎたのか、失敗だった。絵莉菜は、俺の言葉に、ただただ戸惑うばかりで、顔を赤くしてうつむいてしまった。
「あのさ~、こんなところでのろけ話するのやめない? なんか私の立場がなくなってるっていうか」
「あ、いや、そんなつもりで言ったんじゃねえよ! ただ……」
 俺はやっぱり去年とまったく変わってない。こうやってまた、絵莉菜との関係は進展しなくなる。まあ、仕方ないのは分かってる。普通の
人間が数週間で変われるはずもないんだしな。
「はーい、皆さん静粛に~!」
 ザワザワする場内が、またさっきのように生徒会長の一言で、また静まった。
「何だ、まだ話があんのか?」
「実はもう一つ、皆さんに報告したいことがありまーす! そ・れ・は……、私の弟、鍵士が高校二年生になりましたー!」
 ――あのバカ姉貴、とうとう言いやがったな!――
 俺が最も恐れていた事態になってしまった。たかが俺が高校二年生に進級したぐらいで、大々的に発表するか!? しかも公共の面前で!?
「てなわけで、仲良くしてやってね~! あの子、人付き合いが苦手だから!」
 しかも姉貴は、壇上から俺に向かって手を振りながら話している。そのせいで、俺以外の全校生徒の視線は、自然と俺の方へと向けられて
くる。目立つのが大の苦手だというのに、これでは余計に苦手になるのも無理もない。
 ――家帰ったら、姉貴のやつ、ぶっ殺す!――
「久遠君、なんか大変だね……」
 絵莉菜はこの状況でさえ、苦笑いしながら俺を励ましてくれる。同情ありがとう、絵莉菜……。
「なんてユーモア溢れる人なんだ、遙さんは! ますます好きになったよ」
 ああ、勝手にしてくれ、敦志。
「ハハハ、こりゃケッサクだね~。鍵士、やっぱアンタのお姉さん、最高だわ!」
 そりゃよかった、瑞樹。
 全く新学期早々、こんなことになるとは……。ほんとにツイてないよ、俺。
 すると、多くの生徒達の視線の中に、それとは違う、変わった視線が向けられている感覚がした。視線の先を探すと、そこにはまさしく
あの副生徒会長、フレアの姿があった。最初、俺の勘違いだと思っていた。だがたしかに彼女の目は、俺の姿をとらえていた。
 ――な、なんだ……? 何で、彼女が俺を見つめているんだ?――
 それに、なぜだろうか。彼女を見ていると、何か不思議な感覚に襲われる。普通の人とは違う、何か特別な力があるかのように……。
 しかし、しばらくして、彼女はプイッと顔を背けた。そしてそれ以後、始業式が終わるまで、再び目が合うことは無かった。
 ――あのフレアってやつ、何者なんだ……?――
               *     *     *

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ なんかもう高校生…
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
◎ べ、別にクリックして欲しいわけじゃないんだからね!
◎ コメントですね、わかります。
[08/10 あや]
[09/22 逆援助]
[09/22 出張ホスト]
[09/22 SEX]
[09/22 痴女]
◎ 管理人は何者?
HN:
音瑚まろん
性別:
男性
職業:
高校生を主にやってる
趣味:
PCゲーム、QMA、他サブカル全体。あと、エ〇ゲ。
自己紹介:
嫁:ふたみたん(byいつか、届く、あの空に)
  関羽さま(by恋姫†無双)
本日のオカズ:ヤンデレやメイド、最近メカ娘にも手を出し始めたようだ
好きなPCゲームw:いや、これといったものはない。浅く、広く、鬼畜を除く
崇拝する絵師:萌木原ふみたけ


◎ 自重すべきスペース(笑)
◎ 管理人の攻撃力
◎ 最新トラックバック
◎ ブログ内検索
◎ アクセス解析
◎ ブログパーツ
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]