忍者ブログ

やっと高校生になって、ゆとり感が抜けたブログ。サブカル中心とした学校生活を送ります。過度な期待をしてやってください。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 あれからどれだけ時間が経ったのだろうか。真っ暗な学校の校舎を猛然と突き進み、自分の家まで止まることなく走り続けた。何も考えることなく、ただ走ることだけに集中した。多分、俺はこの現実からとりあえず逃れたいという気持ちからであろう。気付いたときには、自分の部屋のベッドで眠っている自分がいた。
 ――俺、いつのまに眠っていたんだ……? とにかく、今日も学校だし、起きないとな……――
 そう思ってベッドから起き上がろうとした時、手にふにゃっとした柔らかい感触が当たった。こんな不思議な感触のもの、俺の部屋にあったっけな?
「って、え!?」
 思わず大声が出そうになった。それもそのはず、目を開けると、そこにはふにゃっとした柔らかい感触の主がスヤスヤと小さな息を立てながらよく眠っていた。
 ――り、凜が何でここに!? いや、そもそもよりによって何故俺の布団の中で眠ってるんだ!?――
 つまり、そこには凜がいたのである。何故このような状況になっているかは分からないが、確実にマズイってことには変わらない。もしここで大声を出しさえすれば、ここを未由のやつに見られてしまう。そうすれば、俺は恐らく……。
「と、とにかく、ここは静かに起き上がらないと……」
 息を殺しながら、足をベッドからゆっくりと出す。蝸牛が動くような速さで。しかしその次が問題だった。俺の右腕はガッシリと凜の両手で拘束されている。これでは迂闊に動くことすら出来ない。やはり慎重に対処するしかない。
「よいしょっと。よし、なんとか気付かれずにすんだな。後はこのまま未由が来ないうちに一階へ行けば……。
 と、その時。不覚にも足下に注意を払っていなかったせいで、左足の小指をベッドの端にぶつけてしまった。
「ゴン!」
 低く鈍い音が鳴る。その分、俺の足には半端無い痛みが襲いかかった。
「痛って!」
「うん、むにゃ……? あれ、お兄ちゃん起きてたんだ……。おはよー」
 凜は寝ぼけ眼を擦りながら、起き上がった。俺の着ている服は昨日のままであるのに対して、凜はいつのまにか可愛らしいパジャマを着ていた。ちょっとだけズボンがずり落ちてチラッとぱんつが見えてしまっているんだが、それは気にしない方がいいだろう。
「ああ、おはよ……。凜、いつから俺の布団に入ってきたんだ?」
「昨日の真夜中だよ。お兄ちゃんが一人で家に帰ってきた後……」
 ――やっぱり昨日の出来事は夢じゃないのか。まあ……、俺には関係ない事だけど――
「よし、せっかく珍しく早く起きられたんだし、早速朝飯にすっか! 凜も早く行こうぜ」
「ちょっと待ってよ、お兄ちゃん。昨日の事、やっぱり受け入れられないの?」
 部屋のドアを開けようとした時、凜から投げ掛けられた一言。凜の口調はいつもとは違い、落ち着いた感じだった。それが余計に違和感を俺に抱かせる要因となった。だが、誰がなんと言おうと俺はあんなふざけた連中と殺し合うなんてまっぴらゴメンだ。
「その話はやめにしてくれないか。凜の気持ちも分かるけど、無理なものは無理なんだよ」
「そっか……、残念だな」
 凜は誰が見ても明らかなぐらい、悲しそうな表情をしていた。そんな凜を見ていると、何故か後ろめたい気分になってしまう。
「うん、そうだよね。大丈夫、凜、別に何も気にしてないから! さ、早く一階に下りようよ!」
「あ……、ああ。凜がそう言うのなら俺もいいんだけど……」
 結局、そんな事を言っても、凜はやっぱり悲しそうな部分は隠しきれてなかった。空元気というのだろうか、こういう時の凜を。
     *     *     *
「あ、お兄ぃ。それに凜ちゃんもおはよう。どうしたのー、今日はなんでこんなに朝早く起きてきたの?」
 やはり俺の家は、いつもの毎日の平穏な光景だった。未由は昨日の夜、あんだけ酒を飲んで酔い潰れていたっていうのに、今日も朝早くから朝ご飯の支度をしている。さすが、たくましい妹だ。俺には真似できないタフさを持っている。
「凜ちゃん、おはよー! わー、なんか美味しそうな匂いがするね!」
「そう? そう言ってもらえると嬉しいかな。ちなみに今日の朝ご飯はスクランブルエッグだからね」
「ああ。スクランブルエッグは結構好きだ。そうだ、姉貴はやっぱりもう学校に行ったのか?」
「うん、姉さんは弓道部の朝練が六時からあるって言うんで、すぐ家を出て行ったよ。はい、コーンスープ。二人とも、冷めないうちに飲んでね。若干、隠し味が入ってるから、美味しいかどうか食べてみて」
 そう言って未由は俺と凜をリビングの席に着かせると、キッチンからコーンスープを運んできた。
「わーい! いっただきまーす!」
「コーンスープの隠し味って何だよ。隠す必要とかあるのかよ?」
「いいから、早く食べちゃってよ。片付けが出来ないし」
「ほいほい」
 相変わらず、意外と未由が作る料理はおいしい。未由無くして、久遠家はどう生きていかなければいけないんだろうか。それほど、未由の作ったコーンスープは身体の芯から俺を温めた。
「ほんとだ、美味しい! 未由ちゃん、スゴイね」
「まあ、性格はともかく、未由は絵莉菜と同じぐらい料理が上手なんだよな。凜は料理とかしないのか?」
「エヘヘ、残念ながら凜は料理とか作ったことないんだ。あ、そうだ! 今日は一緒に学園内を見て回ってくれる約束だよね!」
 そう言えばそんな約束を昨日していたような。まあ、どうせ放課後は暇なわけだし、嫌だとは思わない。
「そうだったな。それで、凜は何か部活に入るつもりなのか?」
「まだ決めてないけど、いろいろ部活を回ってみようと思うんだ。ここって、たくさんの部活とかサークルがあるみたいだしね。未由ちゃんは何かに所属してるの?」
 ちょうどスクランブルエッグをテーブルに運んできた未由に、凜が聞いた。
「私? 生徒会の下部組織、執行部と料理研究会、それに喧嘩倶楽部っていうサークルにも参加してる」
「喧嘩倶楽部って何?」
「う~ん……、要は喧嘩の研究と発展を目的に運営されているサークルってところかな。そこだと喧嘩の腕も強くなるし、他にもいろんな学園の強者が所属してるからね。楽しいよ」
「ほんと! なんだか楽しそうなサークルだね! 凜、入ってみようかな!」
 凜だったら中国拳法も使えるわけだし、喧嘩倶楽部には向いているかもしれないな。だが、喧嘩倶楽部と言えばメンバーがほとんど大学の生徒達だっていうし、かなりの不良もいるっていうのがもっぱらの噂だ。しかし、そんな所に平然と所属している未由は、そいつら以上に強いというわけだ。妙に納得できちまうのが怖い。
「うん、凜ちゃんなら大歓迎! 悪そうな奴ばっかだけど、中身は良い奴等だから、面白いと思うよー。そうだ、お兄ぃは今年も部活はやらないの?」
「ああ、今年も部活はやる気無い」
「えー、お兄ちゃん、中学の時は軽音楽部でバンドやってたのにー! どうして、高校になってやめちゃったの?」

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ なんかもう高校生…
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
◎ べ、別にクリックして欲しいわけじゃないんだからね!
◎ コメントですね、わかります。
[08/10 あや]
[09/22 逆援助]
[09/22 出張ホスト]
[09/22 SEX]
[09/22 痴女]
◎ 管理人は何者?
HN:
音瑚まろん
性別:
男性
職業:
高校生を主にやってる
趣味:
PCゲーム、QMA、他サブカル全体。あと、エ〇ゲ。
自己紹介:
嫁:ふたみたん(byいつか、届く、あの空に)
  関羽さま(by恋姫†無双)
本日のオカズ:ヤンデレやメイド、最近メカ娘にも手を出し始めたようだ
好きなPCゲームw:いや、これといったものはない。浅く、広く、鬼畜を除く
崇拝する絵師:萌木原ふみたけ


◎ 自重すべきスペース(笑)
◎ 管理人の攻撃力
◎ 最新トラックバック
◎ ブログ内検索
◎ アクセス解析
◎ ブログパーツ
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]